2012年10月30日

バイクブロス

バイク店で買う場合、同じ車種の在庫が溜まっている状態では「SALE」「期間限定特価」などが多く見られますが、逆にそうではない車種にはそれがありません。これは街のバイク店に限りますが、バイクの在庫がある状態で売るのとそうではないタイミングで売るのでは全く値段の付け方が違います。

バイクブロス

多くの皆さんはバイク屋、車屋に行くときに時期は考えずに買うと思います。バイク屋さんというのは基本的にはオークションでの仕入れを前提にしていますが、それには当然落札料金などが掛かってきますので、下取りという形で仕入れを行えるのであればそれに越したことはありません。

バイクが一番売れる時期と言うのはいつかというと、需要と供給と商売は密な関係があるように、需要があればバイクも売れるもので、そう言った時にこそバイクは高く取引されるのですが、主にバイクの市場が活発化される時期は二つあって、4月と7月、それに12月です。バイクを売るには時期やタイミングがあります。

人気があるにも関わらず在庫にその車種がないバイク屋では、当然ながらある程度以上の状態のバイクであれば高値で下取りをしています。買うときは時期を考えて買っている人でも売るときはそれを忘れていると思います。
posted by 頼絵 at 14:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。