2011年10月16日

アミノ酸系シャンプーのこと

◆アミノ酸系シャンプーは、いわゆる「育毛シャンプー」と呼ばれるシャンプーの分野では、すでに主流となっています。◆いっぽうで、アミノ酸系シャンプーを使ってみた人は、「あれ、ずいぶん泡立ちが悪いな。そして、そのタンパク質は多くの<アミノ酸>が結びついて出来ています。「育毛シャンプー」=「アミノ酸系シャンプー」といってもいいくらいです。

◆実際、アミノ酸系シャンプーは、低刺激です。◆さて、「アミノ酸系」という場合の<アミノ酸>についてですが、そもそも、人間の皮膚や髪はタンパク質からできていますね。頭皮に湿疹が起こったり、シャンプー後に乾燥したり、ふけやかゆみが起こったり、薄毛・抜け毛になったり、そういった頭髪にまつわる様々なトラブルは、アミノ酸系シャンプーに替えることで、解決に向かう可能性大です。髪の毛がきしむ感じがするな。

汚れ落ちが悪いな」と感じるようです。◆アミノ酸系シャンプーがあれよあれよという間に「育毛シャンプー」の頂点に登りつめた理由は、何といっても、髪や頭皮への刺激の少なさ、頭皮環境を最適化する効果によるものだと思います。つまり人間の体は、皮膚も頭皮も髪の毛も、みんな<アミノ酸>なのです。多くの実績がありますから。

わたし自身も同じ感想を持ちました。弱酸性です。そこで、頭をシャンプーする場合に、その<アミノ酸>の成分を含んだシャンプーで洗えば、もともと頭皮や髪の毛と同じ成分なので、異物感がなく、親和性の高い、やさしい使い心地になるわけですね。
posted by 頼絵 at 22:43| Comment(0) | シャンプー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。